読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢屋の人に夢屋 Advent Calendarの存在を伝えてみた

この記事は夢屋 Advent Calendar 2015 22日目の記事です。

 おしょーゆ(@0x_osyoyu)とピーマン先輩(@pmannet_r)の勢いだけで始まったこの夢屋AC、
気付いてみればもう22日目です。さすがは夢屋、愛されてますね。実際、一つの定食屋さんについての記事がこんなに集まるってすごい事だと思うんです。

ここまできたら

夢屋の人に夢屋 Advent Calendar の存在を伝えたい....伝えたくない?

 これだけ多くの夢屋への熱い思いを、熱烈な愛を、夢屋の人にも知ってもらいたい!
というわけで

伝えてきました!

 12/20(日)までの記事、合わせて18記事(まだ執筆されてない日もありますがきっと書いてくれるはず)を全て印刷し夢屋の人に渡してきました。
その量、ページ数にして135ページ!夢屋への愛が詰まっています。

f:id:made_up_123:20151222204213j:plain

図[1]

以下、渡した際の回想です。

回想

 夢屋ファンたるもの、夢屋が忙しい時間にお手を煩わせても申し訳ない。やはりここは人のいない時間を狙って開店凸すべきだろう、ということで17:55ごろに夢屋着。
しかし驚き、開店前からすでに2人ほど並んでいます。さすがは夢屋ですね。
 そのまま入店直後から渡すタイミングを見計らってはいたものの、なかなか客足が途絶えず夢屋のお姉さんを呼び止めることができません。そんなこんなで結局会計の時に渡すことになりました。

店員さん「820円になりますね~」
ぼく「ごちそうさまでした。ところで、夢屋Advent Calendarというものがあるんですが....」
店員さん「???」

 まぁそりゃそうだわな、脈絡がなさすぎる。それでもめげずに夢屋ACの説明をしていると、様子がおかしいことに気づいた夢屋のお母さんが奥の方から出てきてくださいました。
んでもって、事情を把握した途端、

お母さん「あらぁ~~~うれしい~~~お父さん~~~~お父さん~~~~」

ポカンとされるかなー、と踏んでいたため、予想外にうれしい反応。
しかも奥で調理中(と思われる)のお父さんも出てきてくださいまして、一言。

お父さん「そんな君たちにはミカンをあげよう!」

ぼく「?????」
かみかみ「????」
はやてん「????」
シンサク「????」
お父さん「何人いる?4人?よし持っていけ!!!」

ミカンをもらいました。
ポカンとさせるどころか僕たちがポカンとするハメになりました。
ちなみにもらったミカンの写真です。

f:id:made_up_123:20151222204159j:plain

デカい、そして美味しかった

まぁそんなわけで、とっても喜んでいただいた、というのが今回のオチです。
今回お渡しした夢屋Advent Calendarは夢屋の方でお客さんも手に取れる状態になってるみたいです[1]。夢屋に行かれた際には、ぜひご一読ください。

参照文献

図[1], [1]  https://twitter.com/tibjorkB/status/679263847396478976