読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱労働の話

皆さんはじめまして!はじめてじゃない方はこんにちは!klis14のenough(@made_up_123)です.

これはklis Advent Calendar 2016 8日目の記事です.

さて,11月の末から数日間

大学のお金でシンガポールへ行ってきた

ので,現地報告をしたいと思います. 

シンガポール・チャンギ国際空港

羽田空港から南東へ7時間,東南アジアにおける有数のハブ空港シンガポール・チャンギ国際空港へやってきました.案内板に日本語がありますね,はじめての海外旅行でも安心です.ちなみにチャンギ国際空港ではポケモンジャックが行なわれており,いたるところにポケモンがいました!

f:id:made_up_123:20161208140909j:plain f:id:made_up_123:20161208141010j:plain  f:id:made_up_123:20161208141710j:plain

市街地

MRTと呼ばれる地下鉄に乗り,市街地に向かいます.MRT内では絶対禁止4か条があります.飲食禁止,煙草禁止,火気厳禁,ドリアン禁止.
 _人人人人人人人_ 
   > ドリアン禁止 <
  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
実際に食べましたが,ドリアンは非常に凶悪な果物です.シンガポールに行かれる際は,ドリアンの持ち運びにはくれぐれもお気をつけください.

f:id:made_up_123:20161208142214j:plain f:id:made_up_123:20161208144149j:plain f:id:made_up_123:20161208144153j:plain

そんなこんなで市街地につきました.暑い....気温27℃,湿度75%,東南アジアを感じます.シンガポールは都会と聞いていましたが,想像以上に都会でした.変な形のビルがいっぱい立ってます.かっこいいです. 

f:id:made_up_123:20161208154641j:plain

f:id:made_up_123:20161208144953j:plain

 

マーライオンとか

さて,シンガポールといえばマーライオン.世界三大ガッカリと言われるちょっと不憫な名所ですが,それはそれ.がっかりすることを楽しむというのもオツなもの...と思っていました.が,個人的にはそこまでがっかりじゃなかったです.わりと迫力がありました.んでもって向かいには,世界で一番高いプールなどで有名なマリーナベイサンズがあります.デカい. 

f:id:made_up_123:20161208151539j:plainf:id:made_up_123:20161208153033j:plain

マーライオンは海に臨む場所に立っているわけですが,写真のように観光用の船が航行しています.

f:id:made_up_123:20161208151617j:plain

乗りました.

f:id:made_up_123:20161208151711j:plain

正面から見るマーライオンは,より凛々しく見えますね(そうか?).

f:id:made_up_123:20161208151805j:plain

 

夜景

こんなに都会なシンガポールですので,夜景が本当に綺麗でした. f:id:made_up_123:20161208153721j:plain

f:id:made_up_123:20161208153726j:plain

川沿いにはバーが立ち並んでおり,お客さんは川辺で,店内で,船の上で,思い思いにビールをあおっていました.僕は川辺でビールをいただきました.シンガポールのじっとりとした暑さの中,川辺の涼風に吹かれながら飲むタイガービールは格別でした.

f:id:made_up_123:20161208154141j:plain

f:id:made_up_123:20161208154133j:plain

f:id:made_up_123:20161208154136j:plain 

ごはん

僕は知らなかったのですが,シンガポールはご飯がおいしいことでも有名らしいです.中国料理やインド料理がシンガポールで変化したものが多いみたいですね.実際,僕が食べたご飯はどれも美味しかったです.シンガポールグルメの旅も良いと思います. 

f:id:made_up_123:20161208155713j:plain f:id:made_up_123:20161208155701j:plain

f:id:made_up_123:20161208155722j:plain f:id:made_up_123:20161208161506j:plain 

f:id:made_up_123:20161208160746j:plain f:id:made_up_123:20161208160720j:plain

f:id:made_up_123:20161208160621j:plain f:id:made_up_123:20161208160646j:plain

f:id:made_up_123:20161208160554j:plain f:id:made_up_123:20161208160528j:plain

 

===============================================================

klisとシンガポールの深い関係

さて,これまで延々とシンガポール旅行記現地報告を書き連ねてきたわけですが,果たしてklisに関係あるのでしょうか? 関係あるんです.

知識情報・図書館学類では「知的探求の世界」という講義が開講されています(テーマ別にいくつかコースがあります.詳細はシラバスを確認してください).僕が履修したコースでは最終目標として論文執筆・学会発表が設定されており.シンガポールはその成果発表の場,すなわち国際会議であった,というわけです.加えて,このような目的*1での渡航ですので費用は大学から出ています.*2

以下,主に1年生&知的探求の世界-I受講生向けの説明です.
僕が履修したコースは,2年次通年と3年生春ABC秋Aの2部構成となっています.2年次で自由に学んだ経験をもとに,3年次に学会発表を前提とした知的探求の世界-IIを履修するか決められます.最初から論文を書けということはありませんので安心してください.また「とは言うもののB3で論文は敷居が...…」と感じる人も多いと思います.が,やっぱり安心して下さい,先生方の手厚いサポートがあります.実験の進め方から論文の書き方,発表資料の作り方まで丁寧な指導して下さいますので,研究...…?論文……?なヒヨっこB3でもなんとか論文を書き上げる事ができます.実際,歴代の知的探求の世界-II受講者はみなさんどこかしらの学会に論文を投稿しているようです. 

最後になりますが,炭鉱労働したい方*3,遠くへ行きたい方*4,知的に探求したい方は是非受講を検討してみてください.

以上,klis14のenoughがお送りしました.明日は期待の新星mur.seaさんです.1年生らしいフレッシュな記事を届けてくれると思います.それではみなさま,引き続きklis Advent Calendarをお楽しみください.

 

 

 

 

*1:上の写真はあくまでも現地調査であり,観光ではありません!遊んでたわけじゃないよ!

*2:具体的にはこの辺補助金を駆使して行きました.

*3:タイトルの「炭鉱労働の話」ですが,これは論文のテーマ(?)がデータマイニングであったことに由来します.炭鉱労働したらシンガポールに行けました,楽しかったです.

*4:先生に「遠くと近く,どっちに行きたい?」と訊かれ,東北とか九州行けたらいいな〜と考えながら「遠く」と答えたところ,いつの間にかシンガポールにいました.英語がイヤな方は「近く」と答えましょう.